敏感肌 化粧水

敏感肌のの原因って何?

何故、肌が敏感になってしまうかというと外部からの刺激による乾燥が原因だからです。

 

乾燥しているそのままの状態で肌の保湿を怠っていると皮膚の表面が固くなってしまうため通常行われているターンオーバーが阻害されます。

悩み

ターンオーバーができなくなると肌の老廃物を排出することができず、その結果肌がくすんだり吹き出物やシワといった肌トラブルを引き起こすきっかけとなってしまいます。

 

また、今まで使っていた化粧水を使うとヒリヒリしたり肌にかゆみが生じたりするので肌荒れを引き起こします。
その繰り返しにより肌のバリア力が衰えるため敏感肌になるのです。

敏感肌化粧水ランキング

アヤナス
アヤナス 敏感肌と乾燥肌でも安心して使えるのがアヤナスです。

エイジングケア部門や敏感肌コスメ部門などいろいろなベストコスメの地位を獲得している化粧品となっています。
肌に優しいだけでなく積極的に強くしなやかな肌に導くための成分が多く含まれているので大人の女性に根強い人気を誇っています。
角層まで潤いで満たしてくれるのでふっくらとしたハリのある肌を手に入れることが出来ます。

 

トライアルセット価格 セット内容 使用期間
1,680円 アヤナスイデアルベース
ジュレクレンズ(20g)
アヤナスイデアルベース
ソープバー(10g)
アヤナスRCローション(14ml)
アヤナスASクリーム(9g)
アヤナスAS BBクリーム(1回分)
アヤナスEVエッセンス(1回分)
ふんわり洗顔ネット
10日間

d プログラム
dプログラム d プログラムは素肌の平和を考えるというコンセプトの基に生まれた化粧品です。

4ラインの展開があるなかで敏感肌や混合肌など様々な肌の悩みを改善できるのがd プログラムのバランスケアプログラムです。
「さっぱりタイプ」と「しっとりタイプ」の2種類から選ぶことが出来るので肌のコンディションを理想的に整えることが可能です。
保湿力の高さとしっとりとした使い心地のおかげで保湿化粧品特有のもったりとした重さを感じることなく使用することができます。

 

トライアルセット価格 セット内容 使用期間
1,050円 コンディショニングウォッシュ(20g)
バランスケアローションT・U(23ml)
バランスケアエマルジョンT・U
(11ml)
1週間

つつむ
つつむ

外部ダメージを受けやすい敏感肌に合わせた配合で作られたのがディセンシアのつつむです。
使用回数を重ねるごとに肌が潤う力を自ら養ってくれるので、本来の保湿力を向上させたい方におススメです。
角層の内部までヒト型セラミドとアミノ酸複合体が届くので、モチモチとした思わず触りたくなるような肌へと進化を遂げることができますよ。
また、肌荒れを繰り返さないようにバリア力を強化する働きもしてくれます。

 

トライアルセット価格 セット内容 使用期間
1,470円 ジェントルクレンジング
(1.3g×14回分)
ジェントルウォッシュ(10g)
ジェントルクリームウォッシュ
(1回分)
ローションセラム E(14mL)
フェイスクリーム(10g)
フェイスクリームS1(1回分)
フェイスクリーム R1(1回分)
デイモイスチャーヴェール(1回分)
ふんわり洗顔ネット
2週間

敏感肌は治せる!

肌が敏感肌になるこの症状はセラミドが不足していることが原因です。
セラミドは肌の角層に存在しており外部の刺激から保護してくれるだけでなく水分を保つ働きをしています。
肌が乾燥するとセラミドという肌のバリアを行っている機能が減少するため外部からの刺激を直接肌に与えてしまうので肌は敏感肌になってしまいます。
しかし、化粧水をセラミドが入っている敏感肌用の商品に変更することで肌トラブルを改善することができるのをご存知でしょうか。
現在発売されている敏感肌化粧水は長年研究され開発された商品がほとんどですから安心して使用することができます。

 

また、敏感肌の人に合う化粧水の成分はセラミドだけではありません。
プラセンタが配合されている化粧水を使うことで敏感肌を改善することができるのです。
その理由はプラセンタが肌にとって低刺激な成分だからです。
肌が乾燥することによって正常に行われなくなったターンオーバーもプラセンタ配合の化粧水を使用することにより促進されるので肌トラブルを改善することができます。
セラミドやプラセンタ配合の化粧水を購入したりライン使いをしたりすると今まで使用していた化粧水の価格よりも高価になってしまうかもしれません。

 

ですが安価な化粧水ではセラミドやプラセンタの配合量が少ない場合がありますから注意が必要です。
また、毎日行っているスキンケアで化粧水をたっぷりつけて保湿を行っていてもつけた直後のみ潤ってその後は乾燥してしまうという方も多いのではないでしょうか。
この症状も有効成分が十分に入っていない化粧水を使っていることが原因です。

 

そして、敏感肌化粧水のみを使って肌をケアするのではなく肌にダメージを与えないような洗顔も心がけていきましょう。
上記であげたとおり敏感肌は外部の刺激により生じるものです。

肌キレイ

一番の大敵は物資的な刺激といっても過言ではないほどですので角質や皮脂の除去を意識するあまりゴシゴシと洗顔することはNGです。
強くこすらなくても敏感肌に最適な洗顔石鹸や洗顔料が販売されていますので優しく洗い流すだけで十分なのです。
正しい洗顔方法をマスターすることで肌質を改善することは十分可能ですしスキンケア用品の浸透力にも影響が表れます。
肌を根本から改善していけばより効果的に肌トラブルを解消することができます。
敏感肌に悩んでいるのであれば洗顔での刺激をなくすことを意識して敏感肌化粧水で良い成分を補給してあげることが重要です。